変革に欠かせないスペアパーツ管理

デジタルトランスフォーメーション(DX)は、カスタマーエクスペリエンスからビジネスモデル、運用プロセスまでビジネスのあらゆる領域に影響を与えます。特に製造業では、インダストリー4.0を構成する各種技術によってさまざまな業務課題を解決し、そのバリューチェーン全体を通して企業変革を促進します。

このバリューチェーンの重要な要素の1つが、「スペアパーツ管理」です。KPIの多くや全体的な生産効率は、このスペアパーツ管理ソリューションの効率性に左右されるといってもよいでしょう。

言い換えると、スペアパーツ管理が非効率的なままでは、機械のダウンタイムによって損害が発生するおそれがあります。問題のあるパーツを特定し、在庫の中からその交換品を探し当てるか、在庫がない場合に適切なサプライヤーに注文することができなければ、総合設備効率(OEE)は低下してしまいます。

スペアパーツ管理の新しいデジタルソリューション

新たなデジタル技術を用いたエンドツーエンドのスペアパーツ管理システムは生産性および運用管理を最適化する上で欠かせないソリューションです。同システムによって、ユーザーは在庫からスペアパーツを迅速かつ効率的に探し出せたり、サプライヤーに直接注文したりできるようになるほか、保守スタッフと直接コミュニケーションを取るチャンネルを確保できるようになります。

必要なスペアパーツを特定することは管理プロセスの重要な一部です。また、このプロセスは、画像認識のモバイルアプリを用いて短縮することもできます。もちろん、そのためには在庫として保管する前にすべてのスペアパーツをスキャンする必要があるため、企業には何らかのコストがかかりますが、識別プロセスの効率化を考えると、結果的には時間と費用の節約につながります。

必要なスペアパーツが特定されたら、在庫の中からその部品の場所を特定するか、サプライヤーから調達する必要があります。必要な部品であることを確認するには、スペアパーツのシリアルナンバーと名称を標準化しておくことが肝心です。これも管理システムによってデジタルで行うことができます。

スペアパーツが供給されたら、保守スタッフは当該部品の撤去と設置に関する詳細なユーザーマニュアルアプリを使って、より素早く部品を交換し、迅速に運用を再開できるようになります。

他システムと統合して価値を最大化

スペアパーツ管理を適切に実施すれば、運用効率を大きく向上させることが可能になります。短期的なコスト削減ができる個々のソリューションは多数存在しますが、エンドツーエンドのソリューションでこの問題に対処することで、より多くのメリットが得られます。

完全に統合されたスペアパーツ管理ソリューションであれば、業務負荷は軽減され、複雑な保守タスクでも従業員はスムーズに適応でき、効率性は向上します。さらに、中央システムにスペアパーツのデータを集約して標準化し、この中央のシステムをサプライヤーのシステムと連携させることで、データおよび在庫管理の手作業が軽減されます。

データの品質を高めることも、機械のダウンタイムのリスクを最小化する上で重要です。また、データと在庫を継続的に管理することで、効率の良い調達と倉庫保管が可能になります。同様に、在庫の重複を特定し、迅速な調達プロセスを最適化することで、時間と費用の大幅な削減も達成できるようになるのです。