「知性」とは何か。調べてみると、理解、学習、推論といった行為を含む概念として定義されています。では、知性ある(インテリジェントな)ビジネスとは、人間の助けを借りずにこれらの行為を自分自身で行えるビジネスのことなのでしょうか?もしくは、そのビジネスに関わる従業員や顧客がよりよく理解し、学び、推論できているものを意味するのでしょうか?人間は意図した形で自分たちの行動を決定することができます。さらに、知的な行動をシンプルに行うこともできます。

簡単に言うと、次のように事業を分類できます。

  • ビジネスのあり方:携わる人々(従業員)とそのシステム
  • ビジネスが目指すもの:顧客を満足させ、利益を上げること

理想的には、インテリジェンスは、システム、従業員、顧客満足度、収益性の4つのビジネスにまつわる領域に適用する必要があります。それぞれに対するアプローチを考えてみましょう。

システム

その費用が正当化される状況においては、まったく人間の手を介さない、完全に自動化された設備が存在します。しかし、自動化は必ずしもインテリジェンスではありません。ビッグデータ分析、人工知能(AI)、および機械学習により、企業は自社のシステムをよりスマートにすることができます。例えば、東京電力ホールディングス株式会社は、事前にインフラストラクチャー障害の可能性を発見するために予測に基づく保守をパイロット運用しています。停電が少なくなること、より安全な労働環境、および全国の電力会社としての評判が高まることといったメリットがもたらされます。

労働力

スマートビジネスにおいても、人々(従業員)は依然として活動の重要な部分であり、テクノロジーは多くの場合、人々に置き換わるのではなく、人々を助けることで役立つことがわかります。インドに大規模な施設を持つサイバーセキュリティサービスプロバイダのPaladionの例を見てみましょう。同社のセキュリティエンジニアは、同社のAIプラットフォームを使用して、大量のサイバーセキュリティデータを迅速に分類し、深刻な問題を見つけ出します。その後、エンジニアは可能な限り最良の方法でインシデントを処理する方法を決定します。その結果、同社はより少ない人員でインシデント対応を改善し、セキュリティリスクを軽減しています。

顧客満足

香港のRicacorp Properties Limitedは、AIを使用して顧客の要望をよりよく理解することによって、顧客満足度を向上しています。場合によっては、Ricacorpの営業担当者は、顧客の要望について顧客自身よりも深く理解しています。地球上で最も競争の激しい不動産市場の1つで、収益を最大40パーセント増加させた事実は、このアプローチがRicacorpにとって有効であったことを証明しています。

収益性

Eコマース大手のAlibabaと海運会社のコンソーシアムによって設立されたCainiao Network Technologyは、その集中化された物流情報システムを通して収益性を提供しています。Cainiaoは、配達スタッフ、倉庫、配達サービス、そしてサプライヤによる配達の迅速化とコスト削減を支援する分析サービスを提供します。

全体として部分の合計以上のものをもたらす

ある領域に適用されたインテリジェンスは、別の領域にも影響を与え、ビジネスをさらにインテリジェントにします。たとえば、東京電力は、予防保守を通してシステムを保護するとともに、顧客の信頼を高めています。「デジタル生まれの」会社であるAlibabaは、システム、顧客満足、収益性のそれぞれの領域に適用したインテリジェンスの相乗効果によってビジネス全体を成長させています。一度にインテリジェンスを適用できる領域が1つであったとしても、最終的に4つの領域すべてに適用されれば、ビジネス全体が本当にインテリジェントであると言うことができます。