この記事は、govinsider.asiaに掲載され、 GovInsiderの許可を得て複製したものです。

1943年に、Abraham Maslow (アブラハム マズロー)は人間の心理学におけるひとつの理論を構築しました。マズローはすべての人間にとって安全性こそが最も基本的なニーズの1つであることを確認しました。

地域社会が生き残り、繁栄するためには安全性が不可欠です。今日では、公共の安全とセキュリティに対する脅威は、ますます多様化し、広範囲にわたって複雑になっています。

革新的で統合されたアプローチをとることによって、安全と治安を維持する各機関はより効果的な方法で脅威を見出し、より早く行動を起こし、人々の命を護ることができます。

緊急対応

DXCは、公安への新しいアプローチとしてドバイのスマートプラットフォームの設計と実装を支援しました。ドバイ警察司令官アブドゥラ・アルメリ将軍によれば、ドバイは「警官なしの警察」構想に基づき、「警官が24時間365日現場にいなくても、最高レベルの安全性を確保する」ことを目指して取り組んでいます。

ドバイ警察はフェンスや家の周りにカメラを設置し、警官がいなくてもコミュニティを監視し続けています。彼らはまた、広い範囲を空中から監視する早期警戒システムとして監視飛行船を飛ばしています。さらに、緊急事態により迅速に対応するために、従来的な警察署を建設するのではなく、移動式の分隊を編成しています。

別の重要な戦略として、ドバイ政府のリポジトリ内で市民のデータを明確な責任の下に使用しています。たとえば、あなたが緊急の状況にある場合には、初期対応担当者がセンサー、カメラ、携帯電話のGPSを介してあなたの位置を検知し、即座に助けに来ることができます。

これは実際にはどのようなソリューションとして提供されるでしょうか。効果的な公安およびセキュリティソリューションは、CCTVカメラ、携帯電話、信号機、Googleなど、さまざまなソースからデータを収集するして提示するダッシュボードの形をとります。これらのダッシュボードはデータポイントを要約し、変化し続ける現在の状況をトップダウンで確認できるようにします。

1秒の遅れが生死を左右する可能性があるため、さまざまな機関がよりシームレスに連携することが重要です。火災の例では、このダッシュボードは配備する必要がある緊急車両と救急車が通るべき最速のルートを割り出すことができます。

予防的に対応する

顔認識機能は現在使用されていませんが、将来の安全システムには不可欠なものになる可能性があります。

私たちはいくつかの警察署と協力して、指名手配者が地下鉄に乗り降りしたときに指名手配者の顔を識別し、すぐに警察に通知できるシステムを開発することができました。ワールドカップやオリンピックなどの大規模なイベントにおいて、このシステムは警察官の目や耳となりその能力を強化します。

これらのシステムにより、政府は大惨事になりかねない状況に、より迅速に対応することができます。警察がより迅速に対応することで、有害な個人やグループから人々を守ることができるかもしれません。オペレータは緊急対応のための分隊を直ちに適切な場所に派遣することができます。加害者が国から脱出しようとした場合、国境を警備する機関は彼らの画像を提供することで逮捕を容易に支援することができます。

より速く、より効率的な警備サービスは人々による犯罪を抑止する効果もあります。犯罪を犯してから30分以内に逮捕されることを人々が知っていたら、まずは実行することを考え直すでしょう。

安全は私たちの現代生活のまさに基礎を形作ります。各国が犯罪者を検出し、抑止することはこれまでになく簡単になりました。問題は、あなた自身が自分たちのコミュニティを安全に保つことに関わるかどうかということです。